パライバトルマリン

パライバトルマリンを聞いたことはありますか? トルマリンというくらいですからトルマリンではあるのですが、現在1CTの価格ではダイヤモンドを凌ぎ世界で最も高価と言われている宝石です。 ブラジルのパライバ州が主な産地で、宝石の中で唯一、蛍光色を放ちその色は青緑色のネオンカラーで独特の輝きがあります。 小さいパライバトルマリンだとしても、遠目で見てその色の鮮やかさは薄れることなありません。 その人の好みではありますが、宝石の中では個人的にパライバトルマリンが最高位くらい綺麗だと思います。 本当に綺麗で、吸い込まれそうな感覚になります。 ただ、市場に出回っているのは比較的、色の薄いものが多かったりします。 それでも十分に綺麗なのですが、やっぱり深い濃い色にはかないません。 これも好みですが・・・ パライバトルマリンにはさすがに手は出なかったです。 と言いたいところですが、我慢できずに小さいけど3石付いたネックレスを購入し持っていました。 かなりお気に入りで、けっこうなヘビロテをしていたのですが、やっぱり退職した時に売ってしまいました。 パライバトルマリンは買うとき非常に高価ですが、売る時は日本ではほとんど値段を付けてはもらえません。 これは他の色石も同じことですが、日本の宝石の買取市場が海外よりも発達していないため、買取店は色石に価値を付けないことがほとんどです。 そのくせ売る時は超高く売るんですけどね。 なので、色石のジュエリーを買う時は売らないから買うか、売るかも知れないから地金をしっかり使っているものを選ぶことも大事です。 ちなみに私は地金はしっかりついてるジュエリーが多かったので、元は取れませんでしたがまだ納得のいく買取でした。 あと、お店によって買取価格もそうですが、買取基準も違っているので1店舗で決めずハシゴは必須です。 物と量よっては10万くらい変わる場合もあるので、損はしないように注意してくださいね。
広告を非表示にする